データ復旧サービス

パソコンやビデオカメラが壊れてしまい、データも一緒に諦めてませんか?

データ復旧(データサルベージ)とは、故障してしまったパソコンやビデオカメラ、USBメモリやSDカードなどの記憶媒体からデータを復旧するサービスです

「電源が入らない!」「パソコンが起動しない!」「USBメモリにアクセスできない!」「液晶パネルが割れてしまった!」などの症状が起こった時、それでもデータだけは欲しい・・・そんな時にデータ復旧サービスをご利用ください

また、OS(Windows、Mac)が起動しない、OSのシステムファイルが破損している、そんな時にパソコンを元の状態に戻すためにはハードディスクの交換が必要であったり、パソコンをリカバリ(初期化)する必要があります。

その際、ハードディスクが初期化される事になるため、パソコン内のデータや設定は全て削除されてしまいます。

データ復旧サービスは、パソコンのリカバリを行う前に別パソコンやハードディスクにデータをコピーします。

パソコン修理本舗では誤操作によって消えてしまったデータを復元したり、メーカー・モデル・OS・年代を問わずあらゆるメディアからデータを復旧することができます。

ハードディスクの症状の深刻さによって対応する3つのサービスがございます。

  • ハードディスク内のデータを別のハードディスクにコピーできる状態:「軽度」:20,000円
  • データを削除(フォーマット)してしまった時や、データの読み込みができなくなった状態からデータを復旧する:「中度」:30,000円
  • カツカツと音(異常音)がする、CRCエラーなど深刻なハードディスク障害が発生した際にハードディスク内のデータを復旧(データサルベージ)させる:「重度」:別途お見積もり

お客様のハードディスクの症状により、対応が必要な内容が異なります。

しかし、不具合が出てしまった際にリカバリを行われると取り返しのつかない事態が発生する場合もあります。

故障が発生した後に不用意な作業を行ったことで、復旧できたはずのデータができなくなってしまうケースや障害が悪化して費用が高額になってしまったというケースは少なくありません。

以下に、データの復旧率を下げない為の対策方法をまとめさせていただきます。

対策方法6か条

  1. フォーマット(初期化)を行わない
  2. チェックディスク、スキャンディスクを行わない
  3. 復旧ソフトソフトの安易な利用はしない
  4. 電源ON/OFFを繰り返さない
  5. システムの復元を行わない
  6. リカバリーを行わない