USBインターフェイスの故障

本体のUSB端子に何を接続しても認識されない場合や、端子が破損してしまっている場合、接続が不安定な場合は、USBインターフェイスの故障が疑われます。

この場合、端子のみが破損していれば端子のみを新しいものと交換、チップを含めてインターフェイスボードが故障していれば、ボードを交換にて修理が可能です。

ただし、マザーボードに内蔵されている機器については、場合によってマザーボードそのものを交換する必要がございます。

また、本体側ではなく差し込む側(子機側)の端子が破損してしまい、接続ができなくなってしまった物については、端子を修復して復旧を行う事も可能です。

内部に大切なデータを残したままUSBメモリ等を壊してしまった場合は、一度弊社にご相談下さい。可能な限りデータを復旧させて頂きます。

全機種共通

USBインターフェイス修理・交換

  • 10,000円~

USBデータ復旧

  • 30,000円~