新しく取り付けた周辺機器がうまく動作しない

新しく取り付けた周辺機器がうまく動作しない場合

考えられる原因その1:USBインターフェイスの故障

本体のUSB端子に何を接続しても認識されない場合や、端子が破損してしまっている場合、接続が不安定な場合は、USBインターフェイスの故障が疑われます。

この場合、端子のみが破損していれば端子のみを新しいものと交換、チップを含めてインターフェイスボードが故障していれば、ボードを交換にて修理が可能です。

ただし、マザーボードに内蔵されている機器については、場合によってマザーボードそのものを交換する必要がございます。

また、本体側ではなく差し込む側(子機側)の端子が破損してしまい、接続ができなくなってしまった物については、端子を修復して復旧を行う事も可能です。

内部に大切なデータを残したままUSBメモリ等を壊してしまった場合は、一度弊社にご相談下さい。可能な限りデータを復旧させて頂きます。

全機種共通

USBインターフェイス修理・交換

  • 10,000円~

USBデータ復旧

  • 30,000円~
パソコン修理の見積りをする
考えられる原因その2:マザーボードの故障

パソコンが不安定になる要因には様々な物がありますが、代表的なのはマザーボードの故障です。

マザーボードが故障した場合、電源が入らなくなる、起動後不安定になる、周辺機器の認識ができない等、様々なトラブルが発生します。

電源が問題を抱えていて破損に至ったケースでは、そのままでは交換後も再度破損してしまう可能性があります。

このため、交換時には電源ユニットの電圧、電流チェックも同時に行う必要がございます。

motherboard

全機種共通

マザーボード通電調整

  • 8,000円~

マザーボード交換

  • 36,000円~
パソコン修理の見積りをする
考えられる原因その3:BIOS・UEFIの不具合

BIOS・UEFIは、OSより更に下位でパソコン全体の基本機能を設定している部分となります。

この部分の設定が誤っていたり、何かの拍子におかしくなってしまいますと、最悪の場合マシンが起動できなくなります。

またパソコンの電源オフ時は内蔵電池によって設定が保持されておりますが、この電池が消耗してしまいますと設定が保持できなくなり、毎回時計が狂ったり、設定が初期化されてしまう等の障害が起こります。

近年は、マザーボードのBIOS・UEFIがあまり成熟しないまま出荷されてしまうケースがあるため、各メーカーはアップデートを前提として製造をしております。

しかし、BIOS・UEFIのアップデートは失敗してしまうと、マザーボードが二度と使えなくなってしまう恐れがありますので、基本的に一般の方は行わない事がほとんどです。

古いBIOS・UEFIのバグによって、パソコンの動作が不安定になっている場合もございますので、その場合には弊社で最新の安定版ファームウェアにアップデート後、再度設定をやり直しさせて頂きます。

全機種共通

 内容 おおよその修理費用(部品代金・作業費込)
BIOS・UEFI不具合調査・再設定 8,000円~
BIOS・UEFIアップデート ・再設定 8,000円~
内蔵電池交換 機種により異なりますので、お問い合わせ下さい
パソコン修理の見積りをする
考えられる原因その4:光学ドライブの故障

光学ドライブ(CD、DVD、Blue-Ray等)が故障している可能性がございます。

この場合、ドライブを新しいものに交換致します。

修理の際にドライブをアップグレードされたい場合は、別途ご相談下さい。

機器の性能が必要な条件を満たしているか等含めて、お見積りさせて頂きます。

Windows機

光学ドライブ交換

  • 10,000円~

Machintosh機

光学ドライブ交換

  • 20,000円~
パソコン修理の見積りをする
考えられる原因その5:ソフトウェア設定の誤り

ハードウェア的な故障ではなく、ソフトウェアの設定が誤っているために不具合が起きている場合がございます。

この場合、原因となっている設定を見直し、正常に動作させるように変更する必要があります。

場合によってはシステムリカバリやOS再インストールが必要となる場合がございます。

全機種共通

設定変更

  • 8,000円~

システムリカバリ

  • 11,000円~

OSインストール

  • 16,000円~
パソコン修理の見積りをする

弊社の見積り価格は、部品費用と作業費用を含んでおります。
修理後に様々な費用が追加されて、高額な請求となるような事は一切ございません。
見積りだけでも結構ですので、ぜひ一度ご相談下さい。

パソコンの修理、お任せ下さい