充電ができなくなった

充電ができなくなった場合

考えられる原因その1:バッテリーの故障

バッテリーが故障すると、充電が不可能になったり、満充電の状態でもほとんど稼働できなくなります。

また、劣化して膨らんでしまったバッテリーは爆発、炎上の恐れがあるため、早めに適切に処分する事をお勧め致します。

バッテリーの修理については、中身のセルを新しいものに交換するか、新しいバッテリーに入れ替えるかのどちらかとなります。

セル交換の場合、一部の機種については交換時に密度の高いセルへ交換することで、バッテリー容量を多少増加させることができる場合がございます。

弊社では、バッテリーが取り外せない機種についても、可能な限り対応させて頂きます。

全機種共通

バッテリー交換・リセル

  • 15,000円~
パソコン修理の見積りをする
考えられる原因その2:電源アダプタ差込口の故障

電源アダプタ差込口が故障してしまうと、パソコンへの通電ができなくなります。

差込口が明らかに割れてしまっていたり、取れてしまっていたりする場合は、破損した部分を修理するか、新しいものに交換する必要がございます。

機種によってパーツの交換範囲が異なりますので、詳細な見積りについては、一度無料診断をさせて頂いてからとなります。

Windows機

電源コネクタ部修理

  • 12,800円~

電源コネクタ部交換

  • 17,800円~

Machintosh機

電源コネクタ部修理

  • 22,800円~

電源コネクタ部交換

  • 32,800円~
パソコン修理の見積りをする

弊社の見積り価格は、部品費用と作業費用を含んでおります。
修理後に様々な費用が追加されて、高額な請求となるような事は一切ございません。
見積りだけでも結構ですので、ぜひ一度ご相談下さい。

パソコンの修理、お任せ下さい