ハードディスクが故障し認識しない

ハードディスクが故障すると、パソコン自体が起動しなかったり、起動してもエラーの表示が止まらなくなったりするなど、深刻なトラブルが発生してしまします。

ハードディスク故障の対策として、ハードディスク自体の交換を行う事で、パソコンの動作上は問題が解決しますが、ハードディスク内に保存されていたデータは認識されない、古いハードディスクに保存されたままになってしまいます。

故障して認識されないハードディスクでも、内部データを直接読みだすなどしてデータの復旧が可能な場合があります。